「慢心」カテゴリーアーカイブ

プチ援

羽振りの良かった時分に3人の女性と付き合っていたことがある。1人は連れ添って8年の本妻、1人は口説いて3年の愛人、1人はマッチングアプリで見つけたプチ援の女の子だ。プチ援が付き合っている内に入るのか?と思われるかもしれないが、月一くらいでそれ相応の行為をしていたのだから勘定に入れていいと思う。要は本妻と愛人では捌けないくらい私の性欲が旺盛だったわけである。
ただし、プチ援なのだ。そこにセックスはない。セックスならば、本妻と愛人で事足りていた。私が援助交際相手に求めていたものはそんな肉体的な関係ではなかったのだ。
私は本妻を愛していた。本妻の体で知らないところはないくらい可愛がってきた。ただし、経年劣化は免れない。私のチンコは本妻では満たされなくなった。そこで金にモノを言わして愛人を作った。若くてパワフルなセックスの持ち主の愛人に私のチンコはたちまち魅了された。ただし、毎週のようにセックスをしていると体は満たされても心が満たされないことに私は気づいてしまった。そんな時に、プチ援をしていた潤子と知り合ったのだ。
オナ友を見つけてオナ電をしてオナ指示を出せる関係を作る
潤子はおとなしい子だった。デートして最後はフェラをしてくれる関係だったのだが、最初の頃は会話はほとんどなかった。食事や映画に連れて行っても、喋るのはほぼ私であり、潤子からは「早くフェラしてお金もらって帰りたいなー」と言う空気が滲み出ていた。これはハズレを引いたかな、と思ったが、それからもなぜか私は潤子と会い続けて、彼女も決して私との逢瀬を拒まなかった。それどころか、徐々に潤子は私に心を開いてくれたのか、口数も増えてきたのである。
本妻も愛人も、もはやツーと言えばカーなみに私のことを理解してくれている。しかし、潤子は違った。彼女なりに私を理解しようとしてくれて、私も彼女を理解することに心を砕いた。その過程が忘れかけていた甘酸っぱい感覚を思い出させてくれたのだ。
結果、私は妻と離婚して愛人とも手を切って、潤子との世界にのめりこもうとした。しかし、私の告白に対して潤子の返答は冷たいものだった。
「おじさん、なんで私がプチまでしか許さなかったのか考えてみてね」
そして、私は今は妻や愛人や潤子を思い出しながらオナニーをしている。
セフレの作り方
愛人探し