プチ援

羽振りの良かった時分に3人の女性と付き合っていたことがある。1人は連れ添って8年の本妻、1人は口説いて3年の愛人、1人はマッチングアプリで見つけたプチ援の女の子だ。プチ援が付き合っている内に入るのか?と思われるかもしれないが、月一くらいでそれ相応の行為をしていたのだから勘定に入れていいと思う。要は本妻と愛人では捌けないくらい私の性欲が旺盛だったわけである。
ただし、プチ援なのだ。そこにセックスはない。セックスならば、本妻と愛人で事足りていた。私が援助交際相手に求めていたものはそんな肉体的な関係ではなかったのだ。
私は本妻を愛していた。本妻の体で知らないところはないくらい可愛がってきた。ただし、経年劣化は免れない。私のチンコは本妻では満たされなくなった。そこで金にモノを言わして愛人を作った。若くてパワフルなセックスの持ち主の愛人に私のチンコはたちまち魅了された。ただし、毎週のようにセックスをしていると体は満たされても心が満たされないことに私は気づいてしまった。そんな時に、プチ援をしていた潤子と知り合ったのだ。
オナ友を見つけてオナ電をしてオナ指示を出せる関係を作る
潤子はおとなしい子だった。デートして最後はフェラをしてくれる関係だったのだが、最初の頃は会話はほとんどなかった。食事や映画に連れて行っても、喋るのはほぼ私であり、潤子からは「早くフェラしてお金もらって帰りたいなー」と言う空気が滲み出ていた。これはハズレを引いたかな、と思ったが、それからもなぜか私は潤子と会い続けて、彼女も決して私との逢瀬を拒まなかった。それどころか、徐々に潤子は私に心を開いてくれたのか、口数も増えてきたのである。
本妻も愛人も、もはやツーと言えばカーなみに私のことを理解してくれている。しかし、潤子は違った。彼女なりに私を理解しようとしてくれて、私も彼女を理解することに心を砕いた。その過程が忘れかけていた甘酸っぱい感覚を思い出させてくれたのだ。
結果、私は妻と離婚して愛人とも手を切って、潤子との世界にのめりこもうとした。しかし、私の告白に対して潤子の返答は冷たいものだった。
「おじさん、なんで私がプチまでしか許さなかったのか考えてみてね」
そして、私は今は妻や愛人や潤子を思い出しながらオナニーをしている。
セフレの作り方
愛人探し

車内フェラ

 車中泊を趣味にしている奴らって、近年多くなってますよね。
実は、自分も3年ほど前から、車中泊を楽しんでいます。
俺の車は、1人車中泊用に改造されているキャンカー。
無料駐車場や道の駅、さらにオートキャンプ場などを利用して、車中泊を楽しんでいます。

 年齢33なのですが、結婚はしていません。
将来を誓い合った、彼女すらいない。
いくら趣味の車中泊を楽しんでいるからと言って、それはもう性的な不満は強くなっていました。
しかし風俗のような、プロの女の子には興味無し。
実情を話せば懐具合もあり、風俗や援交に手を出せないという部分があったりして。
それでも、気持ちよくなりたいと思っていた時、見つけてしまったのがプチ援でした。
これ、車内フェラでスッキリ抜いてもらう、かなりサックリした関係。
車内フェラに最適な、一人用キャンカーに乗っているのですから。
ちょっとドキドキしちゃってて、相手探してもいいかな?そんな気持ちでした。

 某サイト掲示板で、無事にやりとりに成功しました。
23歳のOL、ひな乃。
条件は、5000円。
プチ援だけの関係。
「車の中で、やってもらえる?」
「はい、大丈夫です」
「君が良い場所まで、迎えに行くから」
「それじゃ、〇〇近くのファミレスの駐車場まで来てもらえますか?」
「分かった、今から行く」
こんな感じで、つかの間のやりとりで、アポを決められました。
プチ援

 ひな乃は、ちょいふっくらな童顔の女の子でした。
結構好みの女の子で、心臓は早鐘を打っていました。
車内フェラするため車に乗せ、別の場所へ移動です。
19時くらいでしたから、まだ周囲に大勢の人たちがいる。
そんな中で車内フェラしてもらうのだから、不思議な興奮を覚えてしまいました。
後部座席をベッド展開してから、そこに寝転んでフェラをやってもらうことに。
キャンカーの中で、見知らぬ女の子にチンコを刺激される悦びは、尋常じゃない。
めっちゃ気持ち良くって、ガチで体がとろけるなんて感覚でした。
たっぷりフェラをやってもらった後、彼女の口の中で精液を出しまくり。
スッキリ気分が訪れました。

 初めての車内フェラは大成功です。
すっかり味をしめてしまって、さらにいろいろな女の子の口で、と相手募集しているところです。
プチ援掲示板
使用済み下着

PCMAXでのセフレの作り方

あるリサーチ会社に勤めていて顧客要望で出会い系サイトについて調査していたのです。男性目線と女性目線からそれぞれ検証する内容でした。いろいろと時間とお金をかけて運営元とも話をしましたし、利用者からも話を聞くことができました。もっとも、悪い体験談の方が目立ちましたね。男性は、全然出会えずに運営にお金だけを吸い取られていくと言う自虐的な感想が多かったですし、女性は、ろくな男性がいないと言う高望みが多かったかな。
リサーチ結果については身元バレに関わってくるので公表できませんが、その中ではPCMAXの評判が一番良かったでしょうか。実際に出会いを叶えた女性にもアポ取りができました。いい出会いを果たして、行く行くは結婚も視野に入れて考えているとおっしゃってました。
童貞卒業と同時にロリコンも卒業したいアラサー童貞の僕
僕個人の見解になりますが、この手のサイトは援助交際の温床との印象があったので意外ではありましたね。話を伺うと、彼女もPCMAXの評判を聞いて登録していたらしいです。結局、いい口コミが多いと信用した方々が集ってきてサイトの質も上がっていくのでしょう。もっとも、その逆にそんな信用を逆手にとって悪事を目論む輩も多いので利用には注意が必要です。
そして、今はその女性が僕のセフレです。インタビューしている内にその人がかわいく思えてきて、思わず口説いてしまったのです。取材したその日にベッドイン出来まして、熟れた体が最高に気持ちいい女性でした。領収書が切れない分、取材費用はポケットマネーでしたが、悪いお金の使い方ではなかったように思いますよ。
ちなみに寝取りではありません。彼とはPCMAXへの登録で知り合った婚約者、僕とはPCMAXの取材で知り合ったセックスフレンドと、彼女の中できちんと線引きして付き合ってくれていますし、僕もその点は割り切っていますし、都合のいい男性と女性が巡り合えた良いマッチングだったと思っています。僕たちに共通している見解は「PCMAX最高!」ですね。
エロイプ相手募集
オナ電

24才独身男性フリーターの即ハボ日記

即ハボという言葉がはやったころから、この言葉通り、即ハボしてやったぜと友達に自慢してやるのがずっと夢でした。
その即ハボを先日ようやく実行できたのです。
そんな即ハボ実体験をここに記したいと思います。

それは私がたまたまネットで、即ハボ【彼女いない歴20年=童貞の即ハボ体験記】というサイトを見つけて、童貞男性の体験談を興味深く読んでからの事です。

即ハボ、ハッピーメールに登録したころから私の頭の中をその言葉がエンドロールのように流れていました。
実際に彼女に出会ったのは、秋口の少し寒くなりかけたころでした。
メールを何回かやり取りする間に、すっかり彼女もその気になったのかわかりませんが、食事をすることになりました。
そのころから、こちらとしては、即ハボのことしか頭にありませんでしたが、彼女は気づいてなかったのかもしれません。

彼女とは、居酒屋で心行くまでお酒を楽しんで、2人とも程よく酔っ払って、店を後にしました。
何でも、彼女の職場は女の子ばかりで、なかなか、男性と心行くまで語り合うということがなかったようなのです。
彼女は、すっかり私に心を許していました。

ホテルへ連れて行ったときも休憩するんだくらいに思っていたかもしれません。
部屋に入ると同時くらいにべろチューしてやったときには少し驚いた顔をしていました。
そんな驚いた表情の彼女を横目に服を脱がせていくのはとても興奮できました。
ついに即ハボできる。
頭に体中の血が上ってしまうのではないかというくらいに興奮していました。

彼女は、服を全部脱がされると、観念したように、私の息子を受け入れてくれました。
彼女は、きゃんきゃんと子犬のように飛び跳ねていってしまいました。
彼女のあそこの中に私の息子から熱い液が注がれていきました。
彼女は、中出ししたことにはなぜかあまり怒っていませんでした。
それから、私たちは週1くらいでセックスをする関係になりました。
セフレという関係に当たるのかもしれませんが、人生で一度もセフレというものを作ったことがないのでよくわかりませんが、お互いにエッチなことでも何でもできるいい友達です。

20才独身男性スカウトマンの即ハメ日記

スマホで即ハメと入力して検索ボタンをポチっと押せば莫大な量のヒット数がある。
卑猥な単語のオンパレードとセックス動画と女の裸。
俺もこのスカウトマンの仕事を始めたときはうぶだったから、
こんな画面をみただけで顔が赤くなってあやうくチンコが勃ちそうになっちゃったけど、
いまではそんなことはない。マックで余裕で見れる。
表情にも変化はないし、なんだったらあくびまで出てしまう。慣れって怖い。
即ハメと検索した一覧から俺がこの前スカウトしたAV女優の子が
出演しているビデオがあった。清楚な顔立ちの美人で、
でも身体全身から色気があるようなタイプ。
話すとよく笑って可愛くてスタイルもいいし、胸もでかい。可愛い子だった。
彼女にしたいくらいに。でも、彼女にはしないで仕事を紹介した。
その子が即ハメされているビデオをみつめる。
どんな事情があってお金が必要かはわからないけれど、
これだけのルックスの子なので高いお金で契約を結ぶことができたし、
まあ業界内では優良なアダルト女優の芸能事務所に所属させることができた。
このままこの子の人気があり続ける限り、
えぐい内容のビデオに出演するような事態にはならないだろう。
そう思っている。
でも、この仕事をする女はどこかしら精神的に病んでいる女が多いし、
過去の話はタブーだし、
まあこの子もこんな綺麗で清らかな顔の内側には隠し持っている
何かがあるんだろうなっていうことは察しがつく。それがなにかは聞かないよ。
野暮なことだもん。